「てんとうむしプロジェクト」とは

てんとうむしプロジェクトは「食料とエネルギーの地産地消」「持続性の高い環境保全型農業の支援」を組み合わせた、紀ノ川農協とNPO和歌山環境ネットワークが取り組む市民参加型の共同事業です。
2014年9月に始動し、今年で8年目を迎えました。(※2022年現在)
ふうの丘直売所の屋根にソーラーパネルを200枚設置し、太陽光発電システムを導入して電気を作っています。

再生可能エネルギーを利用した発電はCO2を排出しないため、地域の環境負荷を低減する効果が期待できます。当プロジェクトは既存の建物の屋根を利用することで、農地や周辺の環境を壊すことなく自然エネルギーを活用しようという取り組みです。

プロジェクト設立のきっかけとなったのは「東日本大震災による原発事故」でした。この事故により、国内発電の大きな課題として有限エネルギーから再生可エネルギーへの転換が世間でも注目されることとなりました。
中でも太陽光発電の注目度は高く、設備を整えれば個人でも設置と運営ができるため、新たな収入源を期待して農地を太陽光発電所として転用する人も急増しました。しかし農地を太陽光発電所に転用する一方で、農地がなくなったことによる農業人口や耕地面積の減少、新たに就農希望者を呼び込めなくなる、傾斜地の太陽光パネルの落下や土砂崩れなどの問題が生じています。
そこで農地転用ではなく既存の建物の屋根にソーラーパネルを設置して太陽光発電所を運営していく流れにしようと、わかやま環境ネットワークと紀ノ川農協が立ち上がり、賛同者を募って共同事業を始める運びとなりました。

てんとうむしプロジェクトのしくみ

てんとうむしプロジェクト(以降てんプロ)は、まずプロジェクトの賛同者から「賛同金」を集め、それらを太陽光発電所の運営資金として一旦預かり、毎月の売電金額から賛同金の分をてんプロへと返します。
そしててんプロから賛同者の元へ、毎年賛同金に相当する農産物(をはじめとしたてんプロ商品)を送ります。

売電金はてんプロメンバーへ送る商品代金(送料・その他事務手数料含む)・減価償却費・パネル保険料などの諸経費に使用し、余剰金を環境保全型農業支援や地域づくり・担い手づくりプロジェクト、自然保護活動支援などに使用しています。
具体的な取り組みとしては、2018年3月に紀の川市麻生津地区の耕作放棄地再生地に定植したレモン苗の代金にてんプロの余剰金が使用されました。

お預かりする賛同金は1口25,000円(5年)で、何口でも申込みできます。申込みの時点で「農産物売買契約」を紀ノ川農協と結ぶ形となり、契約期間中の5年間に毎年てんプロ商品をお届けします。
商品は毎年送付しているカタログの中からお好きなコースを選んでいただいています。

お届け回数は1口につき年1回(送料等込みで5,500円相当分)×5年ですが、商品によっては年2回に分けてのお届け(送料込み2,750円×2回)となります。

商品カタログ

選べる商品コース

てんプロ商品は現在10コースご用意しており、事前に送付した商品カタログの中から毎年お好きなコースをお選びいただけます。
商品は毎年違うものを選んでも、毎年同じ商品を選んでもOK!
ご自宅用だけでなく、ギフトとしてもご利用いただけます。

お届け回数は1口につき年1回(送料等込みで5,500円相当分)ですが、商品によっては年2回に分けてのお届け(送料込み2,750円×2回)となります。
くわしくは「てんプロカタログ」のページをご覧ください。

太陽光発電所情報とFIT太陽光発電状況

発電所の規模
太陽光パネル(単結晶270w)200枚
発電設備発電能力49.5kw
パワーコンディショナ(9.9kw)5台
年間発電量予想64,782kw
年間発電額予想2,518,724円
発電所の設置費用
太陽光発電装置設置費用16,848,000円
系統連系負担金額等244,967円
合計17,092,967円

1時間で約50kw、年間で約50,000kwの発電量が予想されています。
1世帯当たりの1日の電気消費量が約3kwと言われていますので、およそ16~17世帯分の電気量が賄える計算です。

2022年度FIT太陽光発電状況

7月の発電状況

データ抽出期間:2022年4月4~2022年5月5日

発電量(kw)6,986
一日平均(kw)218.3
売電量(円)276,645
一日平均(円)39.6
6月の発電状況

データ抽出期間:2022年3月2~2022年4月3日

発電量(kw)5,422
一日平均(kw)200.8
売電量(円)214,711
一日平均(円)39.6
5月の発電状況

データ抽出期間:2022年4月4~2022年5月5日

発電量(kw)7,135
一日平均(kw)216.2
売電量(円)273,992
一日平均(円)38.3
4月の発電状況

データ抽出期間:2022年3月2~2022年4月3日

発電量(kw)5,772
一日平均(kw)174.9
売電量(円)228,571
一日平均(円)39.6
日ごとの発電状況(PDF)

てんとうむしプロジェクトに参加するには

「てんとうむしプロジェクト新規登録フォーム」から新規ご登録をいただくか、新規登録申込書のPDFファイルをダウンロードして郵送またはFAXでご送付いただくかの方法で受け付けています。

紀ノ川農業協同組合
〒649-6602 和歌山県紀の川市平野927
TEL:0736-75-5036
info@kinokawa.or.jp
tentoumushi.pj@gmail.com


賛同金の振込先

金融機関名:紀陽銀行 名手支店
口座番号:普通 424061
名義:紀ノ川農業協同組合 組合長理事 宇田篤弘
(キノカワノウギョウキョウドウクミアイ クミアイチョウリジ ウダアツヒロ)

ご注意

・送料が高額となるため、北海道と沖縄の発送は取扱いいたしかねます。
・ご登録者様のご都合により途中で契約解除されても返金はいたしかねます。
・天候によりご希望商品が発送できなかった場合、その年の分5,000円を返金致します。
・ご名義、住所、連絡先、メールアドレス等、登録情報に変更が生じた場合は下記宛先までご連絡お願いいたします。

てんとうむしプロジェクト新規登録フォーム

私は、共同発電所「てんとうむしプロジェクト」の主旨に賛同し、紀ノ川農業協同組合と長期の農産物売買契約を交わし、プロジェクトに参加します。


    SMS(メッセージ)機能を使用して連絡する場合もございますので、できれば携帯電話番号が望ましいです。


    メールアドレスは普段ご利用になっているものをご記入ください。(g-mailなどのフリーメールでも可です)

    お申込み後の流れについて

    ①こちらのメールフォームを送信後、お申込み頂いた口数分の賛同金をご入金ください。
    ②ご登録内容とご入金の確認が完了次第、賛同金の【預かり証】と【てんプロ商品カタログ】【商品コース申込書】を送付いたします。
    ③お申込みいただいた口数分、ご希望の商品コースを選んでご返信ください。お申込みは送付書類の他、専用メールフォームでも承っております。
    (送付する申込書に専用メールフォームのQRコードも記載しています)
    ④商品は、お申込み頂いた年から5年間、毎年1コースにつき5,500円分(税込/宅配料・事務費用等含む)を1回(または2回)お届けします。